CGI制作・php開発・CMS開発・MySQLデーターベース構築なら、「CGIの匠」にお任せ下さい!!
CGIの匠TOP > ホームページ制作 > 間違ったホームページ制作

間違ったホームページ制作

・巷では弊社のようなホームページの制作会社は多数
あります。しかし、多くの制作会社は大きな勘違いに気付かずに、依頼者のホームページの制作に比重を置いて制作されてます。

このページでは、その多くの方々が勘違いされているホームページ制作のタブーを少しご紹介します。



タブーその1
ページの随所にFlashが使用されており、テキスト文字が少なく、綺麗
この手のページは、元々、デザイン事務所や、印刷会社が業務転換されてホームページを作成している会社に多くある「勘違い」です。
見た目は綺麗でかっこいいのですが、Flashに記載されている文言及び、画像になっている文字は、
「Yahoo」や「Google」等の検索対象にはなりません。
検索対象にならないとどうなるか?だれも、御社のページを見つけられず、購入意識がある顧客を取り逃がす事になります。

但し、次のような例外の企業もありますが、当てはまる企業は少ないです。
1.絶大な知名度をもつ、オンリーワン商品の製造元・・・コカコーラー社やナイキ等
2.多額の広告費を別途使用し、TVや新聞広告を頻繁に出している企業・・・日産やトヨタ、新聞折込チラシを多数配布する新築マンション/住宅販売等
3.新規顧客を必要としておらず、ホームページはイメージだけのものと割り切っている。

御社は当てはまりますか?

タブーその2
フリーCGIのショッピングカート又はサービス等を利用している
一般的なフリーCGIのショッピングカートの商品検索部分や、カテゴリー表示機能は、「Yahoo」や
「Google」等の検索対象にはなりません。
もちろん御社のページは購入意識がある顧客の目に触れません。
一般的に小売の場合、購入者は「グッチ バッグ」のような商品名で検索しますので、非常に勿体無い話です。

タブーその3
フリーCGIのショッピングカート又はサービス等を利用している
一般的なフリーCGIのショッピングカートの商品検索部分や、カテゴリー表示機能は、「Yahoo」や
「Google」等の検索対象にはなりません。
もちろん御社のページは購入意識がある顧客の目に触れません。
一般的に小売の場合、購入者は「グッチ バッグ」のような商品名で検索しますので、非常に勿体無い話です。

タブーその4
JAVAを多数使用している
検索エンジンは、HTMLファイルのみ先頭から順番に読み込みますが、
JAVAの記述は全く理解出来ません。
またJAVAは、ファイルの先頭に近い場所に記載する必要がありますが、検索エンジンは、HTMLファイルが大きくなると全てを閲覧しません。
JAVAで別画面を開くページは、検索対象にならないのはもちろん、JAVAを使う事により肥大化したファイルを検索エンジンは全部を読み込まない為、サイトの内容について、検索対象外になります。

タブーその5
キーワードの組み込み方がバラバラ
検索で引っ掛けてもらいたいキーワードの使用方法が間違っている場合、検索で上位表示をさせるのは困難です。
もちろん検索サイトで見つからないと、来場者も減少します。

タブーその6
効果的なホームページの更新がされてない
ホームページを立ち上げ、旨く検索で上位表示しても、来月又は来々月後には、数ページ後に表示されることもあります。これは競合他社が更なる対策を施した又は、検索サイトの表示順位算出方法が変わった為です。
「Google」の場合、月に6種類程度、新しい算出方法をテストし、そのうちの数個を採用しているとの事です。
ホームページは生き物なのです。。。

タブーその7
使い勝手が悪い
購入又は資料請求迄の導線(ユーザーが閲覧する順序)が分かり難い。作者及び管理者の自己満足での勘違いが多い部分です。
当たり前の話ですが、利用者は途中で帰ってしまいます。

タブーその8
更新手数料が高くついている
作成した際はそれ程高くなかったが、作成後、ちょっと文言を変更するだけで、数万円を請求されている。
更新手数料が高くつくので、まとめて更新してもらってる等、金銭的にも、利用者にも悪影響が出てくる事ばかりです。また見込み客の取りこぼしも発生し、機会損失は多大な物となります。
最新の情報を、リアルタイムに伝えてこそ、ホームページの良さと言えます。

ここに上げたのはほんの一例ですが、
御社はこのような間違ったホームページを利用してませんか?
そのままですと、売上が伸びませんよ・・・